July 06, 2020

1994年11月号

ベストモータリング1994年11月号



17インチスープラ6ポットキャリパーGTO-MR登場!
Rが敗れる日!
激ハヤスポーツが続々と進化!国産最速車決定戦!
N1耐久レース密着レポート 打倒GT-R!「中谷・大井組GTO」の挑戦




GTO-MR

GTO、マイチェンで顔が変わりMRが追加です。

AP社製6ポットブレーキ

GTO-MRの目玉、AP社製6ポットです。

ノーマル VS AP

制動距離とローター温度。
13回目に注目です!

17インチスープラ

スープラ、ついに国内でも17インチを獲得しました。

スープラSZ-R

大井さんがなかなかの高評価だったスープラSZ-R

中谷・大井組

PUMA・GTOでコンビを組む中谷・大井組です。

後ろに大井さん

ん?
二人の後ろに誰かいます(笑)

にこやか隠岐さん

いつもはクールな隠岐さんですが、今回はにこやかです。


今号はGTOファンにはなかなか楽しめる号になってます。
ベスモでは評価が厳しかったGTOですが、17インチ・軽量化・APの6ポットなどで戦闘力を上げ、かなりの大活躍です。

N1耐久でもPUMA・GTOを特集しており、新型GTOをGT-R陣営がかなり警戒しているのが伺えました。


ベストモータリング 1994 をアマゾンで探す

ベストモータリング 1994  を楽天で探す


★エントリーカー
スープラRZ(A80)
GTO-MR
スカイラインGT-RVスペックVSPEC2(R32)
NSX(E-NA1)
NSXタイプRtypeR(E-NA1)
RX-7タイプRZ(FD3S)
ランサーGSRエボリューション2ランエボ
MR2GT-S(SW20)

★キャスター
黒沢元治、清水和夫、土屋圭市、中谷明彦、黒沢琢弥、桂伸一、服部尚貴、大井貴之



あなたのクリックががんばる力になります!
 ↓ ↓
ブログランキング
ttatsukawa at 22:12│コメント(2)clip!ベスモ1994年 

レビュー・感想など

1. Posted by たか   February 07, 2008 02:17
5 最初タイトルを見たときは土屋さん同様、「凄いタイトルだな…」と思いましたが、土屋さんの「けっしてGT-Rが悪い車という訳ではなくて、周りの車が進化しGT-Rだけがいつまでもそこで止まっていた」というコメントが全てを物語っていたような気がします。
2. Posted by タッコン   February 07, 2008 15:55
確かにインパクトのあるタイトルでした。

まあ、約5年間もトップクラスだったのもすごいことですね。

レビュー・感想など

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
旧ベスモブログについて
新着コメント
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
profile
タッコン
初期のベスモでは「読者をしごく!」「気合」「根性」などの熱い言葉がよく出てきます。20年経つと色々変わりますね(笑)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード