January 23, 2008

1993年11月号

ベストモータリング1993年11月号



徹底特集9代目スカイライン襲名フルテスト!
谷田部、ツクバ&ロングランでバトル&チェック
Stage1 新旧対決9代目は8代目を超えたか?
Stage2 どっちが買いか ビスカス仕様VSアクティブLSD仕様
Stage3 ライバル対決
実戦「モデナの剣」IN CARドキュメント
副編大井の「ポルシェカレラCUP」in FISCO





R33スカイライン

R33スカイラインデビューです!

105mm延長ホイールベース

賛否両論だった「居住性確保」のための105mmのホイールベース延長

アクティブVSビスカス56万円アップ

価格差は56万円。このタイム差をどうとらえるか・・・

GTO6MT

マイナーチェンジで6MT、17インチ45タイヤなどを装備したGTO。

かなりタイムアップ

いわゆるライトチューンの内容です。
仁礼選手のタイプMかなり速くなってます。

原貴彦選手

原貴彦選手BMバトルデビューです!

カレラカップ

初めて乗ったマシンでこのタイム・・・


ものすごい期待感と不安感につつまれてデビューしたR33スカイライン。
当時デビュー前のスクープ情報では、アクティブLSD仕様車が速すぎて日産内で「GT-R不要論」さえ上がっていると報道されたりして期待が先行しすぎていたのかもしれません。

ワインディングではまずまずの評価でしたが・・・
いざサーキットへ持ち込むとびっくりするぐらいの厳しい評価に終わってしまいました。
R32に多大な影響を受けたといわれるツアラーVにもまるで歯が立たず、7代目R31スカイラインの鈍重さが戻ってきたような評価でした。

神谷さんの「牙を持たない狼になってしまったようだ・・」というコメントが全てを表しているような気がします。
当時見終わった後、呆然としていた記憶が蘇ってきました(TT)

★動画

ベストモータリング 1993 をヤフオクで探す
ベストモータリング 1993 をアマゾンで探す


★エントリーカー
スカイラインGTS-25tタイプMtypeM(R33)ビスカスLSD
スカイラインGTS-25tタイプMtypeM(R33)アクティブLSD
スカイラインGTS-tタイプMtypeM(R32)
スカイラインGT-RVスペックVSPEC(R32)
RX-7タイプRZ(FD3S)
GTO
スープラRZ(A80)
クレスタツアラーV(X90)

★キャスター
黒沢元治、清水和夫、中谷明彦、土屋圭市、原貴彦、服部尚貴、大井貴之



あなたのクリックががんばる力になります!
 ↓ ↓
ブログランキング
ttatsukawa at 19:09│コメント(3)TrackBack(0)clip!ベスモ1993年 

トラックバックURL

レビュー・感想など

1. Posted by たか   January 25, 2008 00:01
5 どんなに時代が変わっても、スカイラインとシビックには「走り」の伝統を守ってもらいたいです。
2. Posted by タッコン   January 25, 2008 22:25
全くです。

最近は両車とも「走り」のほうへまた向いてくれているようでうれしいです。
3. Posted by けいいち   May 26, 2013 16:56
2 初期型の、R33ですね。?

レビュー・感想など

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
旧ベスモブログについて
新着コメント
Recent TrackBacks
profile
タッコン
初期のベスモでは「読者をしごく!」「気合」「根性」などの熱い言葉がよく出てきます。20年経つと色々変わりますね(笑)
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

QRコード
QRコード